「生かす」と「活かす」の違いと使い分け方は?類語や例文も解説

「生かす」と「活かす」はともに「いかす」と読みますが、意味に違いはあるのでしょうか?履歴書で「強みをいかす」と書きたい場合など、使い分けを知っておく必要があります。

この記事では、「生かす」と「活かす」の違いや履歴書での使い分けについて理解しやすいように、例文や類語を含めて解説しています。



「生かす」と「活かす」の違いとは

「生」と「活」の意味はほぼ同じ

「生」と「活」という漢字には、以下のような意味があります。

  • 「生」の意味:いかす・うむ・はえる・なま・いきていることなど
  • 「活」の意味:いきる・いかす・くらす・いきいきしたさまなど

どちらもよく似た意味合いがありますが、どちらかというと「生」は命そのものに対して、「活」は活動・活用といった機能面に対して多く使われる傾向があります。その違いが「生かす」と「活かす」にも表れているのです。

「生かす」の意味は生命を維持させること

「生かす」は生命を保たせるという意味で、「生かすも殺すも」という使い方があるように「殺す」の対義語です。また、持っている能力を発揮させることや、何かを有効に活用するという意味もあり、「経験を生かす」「廃物を生かす」というように使います。

「いかす」といいたいときには、常用漢字である「生かす」を使っておけば公文書でも問題ありません。

「活かす」は活用するという意味

「活かす」は、対象とするものを有効利用するという意味を持つ言葉です。「生かす」と同様に、命を保たせるという意味もありますが、どちらかといえば命そのものより、人が持っている経験や知識、および物や事対して使用します。

また、「活かす」は常用漢字では用いない用例となっているため、公文書には使用できません。したがって、「生かす」と「活かす」のどちらにするかを迷ったときには、「生かす」を使っておくことをおすすめします。

「生かす」と「活かす」の違いは常用漢字かどうか

「生かす」と「活かす」それぞれの意味を見れば、さほど大きな違いはないため、日常や業務などの場合ならどちらを使用しても問題はありません。

しかし、最も大きな違いは常用漢字として用いられるか否かという点で、常用漢字である「生かす」は公文書にも使えます。また、生命そのものの維持について言及する場合は、「生かす」の使用がふさわしいといえます。

「生かす」と「活かす」の履歴書での使い分け

履歴書では「活かす」が一般的

履歴書をはじめ、職務経歴書やエントリーシートなどの就職活動で必要となる書類では、しばしば「これまでの経験をいかす」という一文を記述します。このときに「生かす」と「活かす」のどちらを使えばいいのかは、悩ましい問題です。

履歴書で「いかす」を使うケースは、自分自身の経験や知識を活用したいという気持ちを表現しようとする場合です。したがって「活かす」が適切な選択となります。

「生かす」を使った方が無難な場合も

厳密にいうと「活かす」の用法は誤りです。「活」には「い・かす」という用法がないため、常用漢字として認められていません。

したがって、常用漢字の使用を旨とする新聞や雑誌のほか公文書においては、「活かす」ではなく「生かす」が使用されています。

履歴書は公文書ではないため、主張したいことに意味合いがより適合している「活かす」を使用することが一般的ですが、気になる場合には常用漢字の「生かす」または平仮名表記の「いかす」と記述することをおすすめします。

「活かす」の類語

「活かす」の類語は「役立てる」など

履歴書などで常用漢字ではない「活かす」を使いたくない場合、類語を知っておけば役立ちます。

「これまでの経験を業務に活かしたい」と記述する代わりに、「これまでの経験を業務に役立てたい」と書き換えることが可能です。その他にも適切な「活かす」の類語を紹介します。

  • 活用する
  • 駆使する
  • 利用する
  • 援用する

「生かす」と「活かす」の例文


「生かす」と「活かす」の例文を紹介しますが、基本的にはどちらを使用しても構わないため「いかす」と平仮名で表記しています。

  • 社員の持ち味をいかすことが、最高の人材活用方法だ。
  • 廃材をいかして、便利な収納グッズを作ってみよう。
  • チームの強みをいかせば、きっと勝機を掴むことができるだろう。

参考までに「活かす」ではなく「生かす」の使用が適切な例文も紹介します。

  • かつては魚介類を生かしたまま輸送できなかったため、塩蔵技術が発展した。
  • 捕虜は生かしておくだけでなく、人道的に扱わなければならない。

まとめ

「生かす」と「活かす」の違いについて、履歴書での使い分けや類語と例文も含めて解説しました。

どちらが適切か迷った場合には「生かす」を使用すれば問題ありませんが、公文書や新聞・雑誌に記載しないのであれば「活かす」を使用できます。

履歴書では「活かす」が一般的に使用されていますが、気になる場合は「生かす」か「いかす」と記述してください。気掛かりな問題を片付けて、晴れやかな気持ちで面接に臨んでいただければ幸いです。