「ありがとうございます」は敬語?漢字や使い方・外国語表現も紹介

感謝を伝えるときに「ありがとうございます」と目上の人にも使っていますが、実は尊敬表現ではないことをご存知でしたか。この記事では「ありがとうございます」の意味や漢字表記、由来について説明します。また「ありがとうございます」の文法的な解釈や「ありがとうございました」との違いも解説します。

「ありがとうございます」の意味とは

「ありがとうございます」は感謝の気持ちを伝えるためのフレーズ

「ありがとうございます」とは、相手の行為に対して感謝の気持ちを伝えるための表現です。感謝するという意味の形容詞「ありがたい」に、補助動詞「ある」の丁寧表現である「ございます」から成り立っています。「ありがたい」が「ありがとう」と語尾変化していますが、それは「ありがたい」の連用形「ありがたく」の語尾がウ音便になっているからです。

「ありがとうございます」の使い方は、相手に感謝の気持ちを伝えるときに口頭でも書き言葉としても使われます。

漢字で書く「有難う御座います」から考える由来

「ありがとうございます」は漢字で「有難う御座います」と書き表します。

「有難う」の原型は「有難い」で、滅多にないめずらしくて貴重という意味です。本来「有難い」は、仏の慈悲などの貴重なものを得られていることから仏を褒めたたえた気持ちを表す仏教用語として、また人として生を受けたことに対する感謝を表す言葉として使われていました。それが室町時代になってから、人の行為に対して感謝を意味する言葉として使われるようになりました。

参照:「ございます」は謙譲語?「あります」との違いや敬語も説明!

「ありがとうございます」は敬語?

「ありがとうございます」は丁寧語

「ありがとうございます」は目上の人に対しても使うこともあり尊敬表現のようですが、実は「ありがとうございます」は丁寧語です。「ございます」は補助動詞の「ある」の丁寧語ですから、「ありがとうございます」は尊敬表現ではなりません。

丁寧語は相手に対して直接的な敬意を表す表現のため、目上の人に失礼な表現です。理屈からすると、「ありがとうございます」は目上の人に対して使わないほうがいい表現なのです。

ビジネスシーンなどで目上の人にも使われている

「ありがとうございます」は丁寧語のため目上の人に使うべきではないのですが、日常生活では目上の人に対して、ビジネスシーンでは上司や顧客に対して「ありがとうございます」は使われています。目上の人に使うには敬意が足りない表現なのですが、「ありがとうございます」という表現はすでに社会に浸透していて、慣習的に目上の人にも「ありがとうございます」は使えます。

敬意を強めるために「誠に」や「どうも」を使おう

目上の人には尊敬語を使いたいからと言って「ありがとうございます」の一部を言い換えても尊敬表現にすることはできません。しかし、もしも「ありがとうございます」を尊敬表現に近い状態で使い裁ち場合には、「誠に」や「どうも」などの副詞を使って敬意を強めてみるといいでしょう。

「ありがとうございます」の尊敬的な表現例
  • 「誠にありがとうございます」
  • 「どうもありがとうございます」
  • 「本当にありがとうございます」

「ありがとうございます」と「ありがとうございました」の違い

二つの表現の違いは時制の違い

「ありがとうございます」と「ありがとうございました」のどちらとも感謝の気持ちを伝えるための表現ですが、時制が違います。「ありがとうございます」は現在形で、「ありがとうございました」は過去形の表現になります。

現在の出来事に「ありがとうございます」を使う

「ありがとうございます」と「ありがとうございました」の使い分け方は、感謝の気持ちを今まさに起きている出来事に関して伝えるときには「ありがとうございます」を使います。一方、過去に起きた出来事に関して感謝の気持ちを伝えるときには「ありがとうございました」を使います。

「ありがとうございました」については下記のページで詳しく解説しているので、ご参照ください。
ありがとうございましたの使い方!ありがとうございますとの違いも

「ありがとうございます」の外国語表現

英語では「thank you」

「ありがとうございます」の英語表現は「thank you」です。「thank you」はカジュアルなシーンでも使えるので「ありがとう」とも訳されますが、「ありがとうございます」と訳すこともできます。つまり使われるシーンによって語訳が変わってくるのです。

「thank you」の例文

“Thank you for your corporation.”
「ご協力いただきありがとうございます」

「ありがとう」の様々な英語表現については下記のページで紹介しているので、ご参照ください。
英語で「ありがとう」!ビジネスで使える丁寧な表現にスラングも

韓国語では「감사합니다

韓国語では「감사합니다(カムサハムニダ)」です。目上の人に使われる感謝の気持ちを伝えるときの表現です。

フランス語では「Je vous remercie beaucoup」

フランス語では「Je vous remercie beaucoup(ジュ・ヴ・レメルシィ・ボクゥ)」です。丁寧な感謝の気持ちを伝える表現で、カジュアルシーンでは「Merci(メルシィ)」が使われます。

スペイン語では「Muchas gracias」

スペイン語では「Muchas gracias(ムチャス・グラシアス)」です。「Gracias」が「ありがとう」という意味の言葉で、「Muchas」を付けることで丁寧な表現になります。

まとめ

「ありがとうございます」とは感謝の気持ちを伝える丁寧な表現です。尊敬語ではありませんが、上司などの目上の人に対しても使われています。もしも敬意を強調したければ、「どうも」や「誠に」などを冒頭につけるといいでしょう。