「世界の色(伝統色)」にはどんな種類がある?24種類の名前一覧

世界にはさまざまな伝統色があります。その中でも、英語をはじめとした一部の色は、日本でもカタカナ語として使われています。例えば、バラのような赤色は「ローズ」です。かっこいい色の名前だと感じる人もいるでしょう。代表的な色を24種類、一覧でまとめました。

目次

「あ行」の世界の色

「アップルグリーン」とは青りんごの黄緑色

アップルグリーン

「アップルグリーン」とは「柔らかい黄緑色」になります。青りんごが由来になっています。カラーコードは「#a2cc89」などです。

赤りんごが一般的な日本と違い、西洋では「りんごと言えば青りんご」が主流です。そのため、アップルグリーンは馴染み深い色になっています。

■「アップルグリーン」とはどんな色?カラーコードや合う色を紹介

「アプリコット」とは杏の黄赤

「アプリコット」は果物のアンズのような「淡い黄赤」です。カラーコードは「#F7B977」になります。

血色が良く見えることから、メイク用品のカラーでも人気です。

■アプリコットとはどんな色?ベージュとの違いや心理学での意味も

「オリーブ色」とはくすんだ緑色

「オリーブ色」と、オリーブの実が由来の「くすんだ緑色」です。カラーコードは「#72640A」になります。

風水では「金運アップ」の意味があると信じられていて、財布の色に用いられています。

■「オリーブ色」の意味とは?合う色や「カーキ色」との違いも

「か行」の世界の色

「カーキー」とは乾いた大地のような茶色

カーキー

「カーキー(カーキ)」とは乾いた大地のような「淡い茶色」です。カラーコードは「#C3B091」などです。

色の定義と違い「グリーン系の色」として扱われやすい色になります。相手がどちらの色をイメージしているのか誤解しないようにしましょう。

■「カーキー(カーキ)」とはどんな色?茶色と緑色がある理由も解説

「カーマイン」とは鮮やかで紫みのある赤

「カーマイン」とは「鮮やかで、僅かに紫みのある赤色」です。主なカラーコードは「#d7003a」になります。

本来は昆虫(一部の貝殻虫)の色素から作られる色ですが、現在では合成色素で作ることが増えています。画材で名前をよく見る色です。

■「カーマイン」とはどんな色?由来やコチニールレッドとの違いも

「コバルトブルー」とは鮮やかな青色

コバルトブルー

「コバルトブルー」とは「鮮やかな青色」で、海の色の表現によく用いられています。別称は「テナールブルー」です。カラーコードは「#0068b7」になります。

イメージがやや曖昧で、淡い青色の「空色」と同色のように扱われることもあります。

■「コバルトブルー」とはどんな色?意味や和名・毒性についても解説

「コーラルピンク」とは黄みのある淡い赤

コーラルピンク

「コーラルピンク」とは「黄みのある淡い赤(ピンク)」です。カラーコードは「#FF9888」になります。

「コーラル」は英語で珊瑚のことを意味します。名前のとおり、珊瑚に似たピンク色です。

■「コーラルピンク」の意味とは?サーモンピンクとの違いも紹介

「さ行」の世界の色

「サーモンピンク」とは鮭の身の淡い赤

「サーモンピンク」とは、ピンクよりもオレンジ色に近い「黄色みのある淡い赤色」です。カラーコードは「#FFA594」になります。

あまり一般的にはありませんが、和名では「乾鮭色(からさけいろ)」になります。

■「サーモンピンク」ってどんな色?意味やコーラルピンクとの違いも

「シアン」とは色の三原色に含まれる青

シアン

「シアン」とは「明るい青」です。カラーコードは「#00AEEF」などです。

シアンは「色の三原色」のひとつで、プリンターのインク名にも用いられています。

■「シアン」とはどんな色?毒物との関係や色・光の三原色も解説

「スカイブルー」とは空のような明るい青

スカイブルー

「スカイブルー」とは晴れた空のような「明るい青」です。カラーコードは「#a0d8ef」になります。日本でも「空色」という伝統色として有名です。

8月27日の誕生色で、色言葉は「深謀遠慮」「ファッション」とする占いもあります。

■「スカイブルー」の意味とは?水色との違いやカラーコードも紹介

「セルリアンブルー」とは緑がかった青色

セルリアンブルー

「セルリアンブルー」とは「緑がかった鮮やかな青色」です。カラーコードは「#008db7」になります。

「セルリアン」とは「空色」を意味します。青と比べると、落ち着いたイメージのある色です。

■「セルリアンブルー」の意味とは?「ターコイズブルー」との違いも

「は行」の世界の色

「パープル」とは赤みがかった紫

パープル

「パープル」とは「赤みがかった紫」です。色のカテゴリーとして扱われることもあります。カラーコードは「#9b68a9」などです。

かつては布をパープルに染めることに苦労したことから「高貴な人しか身に着けられない色」でした。

■「パープル」とはどんな色?「バイオレット」との違いや心理効果も

「バーミリオン」とは黄色を帯びた赤

バーミリオン

「バーミリオン」とは「黄色を帯びた赤色」です。カラーコードは「#F26649」になります。

日本の伝統色「朱色」とよく似た色です。バーミリオンの方が黄色が強いものの、同色として扱うこともあります。

■「バーミリオン」の意味とは?オレンジやスカーレットとの違いも

「ピスタチオグリーン」とは黄色みのある緑

ピスタチオグリーン

「ピスタチオグリーン」とは「黄色みのある緑」です。カラーコードは「#B4CF9E」になります。

「ピスタチオカラー」や「ピスタチオ」と呼ぶこともあります。ピスタチオの身の色が由来になりました。

■「ピスタチオグリーン」ってどんな色?合う色やパーソナルカラーも

「ビリジアン」とは画材では定番色の緑

ビリジアン

「ビリジアン」とは「青みのある緑色」です。カラーコードは「#006B35」になります。

別色のインク・絵の具を混ぜて作ることが難しいことから、画材セットには「ビリジアン」がよく採用されています。

■「ビリジアン」の意味とは?「緑」との違いや由来・毒性についても

「ブルー」とは基本色名とされる青

ブルー

「ブルー」とは晴れた空のような青色です。カラーコードは「#0075c2」などです。

一般的には「日本語の青と同じ色」として扱われます。基本色名のため、派生色の種類が多いことが特徴です。

■ブルーとはどんな色?日本語・英語のイメージや「青」との違いも

「ま行」の世界の色

「マゼンタ」とは色の三原色に含まれる赤紫

マゼンタ

「マゼンタ」とは「鮮やかな赤紫」です。他にも「紫みのある濃いピンク」とも表します。カラーコードは「#e4007f」などです。

色の三原色のひとつのため、印刷業界ではよく用いられる色名です。

■「マゼンタ」とはどんな色?カラーコードや「ピンク」との違いも

「マルーン」とは栗が由来の暗い赤(茶)

マルーン

「マルーン」とは「紫みのある暗い赤(茶)」です。カラーコードは「#56001D」になります。

西洋栗が由来になった色で、国によっては茶色の代名詞として馴染み深い色です。

■「マルーン」の意味とは?「ワインレッド」との違いや作り方も紹介

「モスグリーン」とは苔に似た暗い黄緑色

モスグリーン

「モスグリーン」とは「暗い黄緑色」です。カラーコードは「#667534」になります。

苔が由来になった色で、日本の色名で表現すると「苔色」です。

■「モスグリーン」の意味とは?カーキとの違いや合う色・英語表現も

「ら行」の世界の色

「ライムグリーン」とは淡い黄緑色

ライムグリーン

「ライムグリーン」とは、柔らかいイメージの「淡い黄緑色」です。カラーコードは「#E6EB94」になります。

植物のライムが由来になった色ですが、色名の方が薄い緑色です。

■「ライムグリーン」とは?カラーコードや心理・悪魔の色の意味も

「ラズベリー」とは果物が由来の濃い赤

ラズベリー

「ラズベリー」とは「紫がかった濃い赤色」です。カラーコードは「#92114a」などです。

果物のラズベリーが由来になって生まれました。ラズベリーは品種によって色が違うため、色のイメージも人によって差があります。

■「ラズベリー」とはどんな色?「ラズベリーレッド」や似合う人も

「ロイヤルブルー」とは王室が使う濃い青

ロイヤルブルー

「ロイヤルブルー」とは「紫みがある濃い青色」です。カラーコードは「#1955A6」になります。

イギリス王室のオフィシャルカラーとして有名です。

■「ロイヤルブルー」の意味とは?由来や「ネイビー」との違いも

「ローズ」とはバラに似た鮮やかな赤

ローズ

「ローズ」とは、バラが由来の「鮮やかな赤色」です。やや紫がかっています。カラーコードは「#e83f5f」などです。

「オールドローズ」「ローズレッド」などの派生色が多いことが特徴的です。

■「ローズ」とはどんな色?同じ花が由来の「オールドローズ」も紹介

「ローズピンク」とはピンクの一種

ローズピンク

「ローズピンク」はピンクの一種で「紫みのある明るい赤色」です。カラーコードは「#EE8EA0」になります。

厳密な和名はありませんが、「紅梅色(こうばいいろ)」が似た色として挙げられます。

■「ローズピンク色」の意味とは?ピンクとの違いやカラーコードも

まとめ

世界の色名の中には、日本では色のイメージがあいまいなものもあります。会話の中で誤解を生まないよう、この記事で本来の色を確認しておきましょう。

※日本の伝統色については、以下で色見本とともにぜひチェックしてみてください。
「日本の色」とはどんな色?16種類の意味・カラーコードのまとめ